城下町でくつろぐ自然食レストラン【ピュアリィ】

〒860-0028 熊本県熊本市中央区
中唐人町15(東館1F・B1F)

ランチ/11:30〜14:30(O.S 14:00)
カフェ/14:00〜17:00(O.S 16:30)
ディナー/18:30〜22:00(O.S 21:00)

ご予約・お問合せは
tel.096-323-1552

FOLLOW US

FOLLOW US

History

ピュアリィの歴史

熊本市の城下町、古町にピュアリィはあります。 築百四十年の古民家を改装・ 修復した建物です。

1591年-1606年に熊本城を築城した加藤清正。築城前には既にピュアリィがある古町はあったとされています。
古町は町人町であり、米屋町、細工町、呉服町、鍛冶屋町などの町名に由来する商品を扱う店が多く並ぶ町でした。
建物建設当時は物資を舟で運搬していましたので、ピュアリィの裏手の坪井川は物流の大動脈でした。
その名残を今に残し、ピュアリィレストランの地下には、船着き場として使われていた石垣があり、当時は両替商だったと言い伝えられています。

西南の役の戦火により、一度焼失してしまいましたが、再建

旧建物は明治時代に西南の役(1877年)の戦火により、一度焼失してしまいましたが、再建され、2005年ピュアリィとしてリニューアルし、2016年の熊本地震で大きなダメージを受けました。2017年、風土デザイン建築事務所の坂井信彦氏の設計により、古き良き物を残しつつ、リノベーションし新しいピュアリィとして現在に至ります。

現在のピュアリィ

地下レストランの床には木レンガが敷き込まれています。
歩くと木の優しい音色が聞こえます。

木レンガは明治時代の唐人町の歩道で使われていました。
ピュアリィが入る前の所有者が後世に伝えるためにと敷き込まれたとのことで、とても面白い空間となっております。

茶室をリノベーションした個室もご用意しております。

3日前までのご予約となります。
ご利用時間11:30~14:30(14:00 OS)
大人の方4名様~最大8名様までご利用いただけます。
障子紙は、熊本県水俣市の伝統工芸士 金刺潤平さんの手すき和紙を使用しています。
ノスタルジックな空間で、時を忘れさせてくれるひとときを。
ご予約お待ちしております。

貸切個室ページへ >>

お問い合わせはこちら
ピュアリィレストラン
お問合せフォーム
tel:096-323-1552

Page topへ